展覧会
開催中
2022年4月2日(土)-6月5日(日)
ヨーロッパ古典絵画の輝き -模写に見る技法と表現

イコン画、イタリア絵画、フランドル絵画の技法と表現をさぐる

ヨーロッパの古典絵画は、描かれてから500年以上経ちますが、その精緻な描写と画面の輝きは失われず、今日の私たちを惹きつけてやみません。
ヨーロッパにおける絵画の技法は、イタリア、フランドル(現在のオランダ、ベルギー)の地域で15世紀頃に完成されたと考えられています。様々な技法と画材が使用される現代の絵画表現のなかでは、ヨーロッパにおいてでさえ、古典絵画の技法は修復の専門家や研究者の間で継承され、一部の画家たちの創作に応用されているのみといっても過言ではないでしょう。近代化の歩みのなかでヨーロッパ絵画を受容してきた我が国では、こうした古典絵画を技法、材料の面から本格的に研究しようする動きはここ半世紀ほどのことで、必ずしも一般に知られているわけではありません。
本展覧会はヨーロッパ古典絵画の技法と表現に焦点をあてるものです。美術史研究に基づいて技法と表現から忠実に再現しつつも、日本の風土に合わせるために工夫、研究がなされた模写によるイコン画、15~16世紀のイタリア絵画、フランドル絵画などを展示します。さらに普段目にする機会の少ない作品の制作過程とともに、制作に使用される鉱物、顔料などの原料、道具類もご紹介いたします。オリジナルに倣った単なるコピーとは異なる、原画を再現する技術によって文化財を後世に伝える技法と表現に触れていただき、ヨーロッパ古典絵画の魅力を存分にお楽しみいただければ幸いです。

原画/フラ・アンジェリコ《リナイウォーリ祭壇画》1433-35年
木島隆康
原画/フェオファン・グレーク《ドンスカヤ聖母》14世紀末
田中智惠子
会期2022年4月2日(土)-6月5日(日)
休館日月曜日(ただし5月2日は開館)
開館時間10:00-17:00(入館は16:30まで)
料金一般800(700)円 大学生600(500)円 市内在住65歳以上400(300)円
※高校生以下、障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
特別協力公益財団法人大川美術館

※ご来館の際は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

関連イベント

申込制のイベントは、2022年4月2日(土)10:00より、電話または美術館受付にて開館時間内にお申し込みください。1回のお申し込みにつき1名まで受け付けます。定員に達し次第受け付けを終了します。

実技とお話「金地テンペラ画の技法は面白い」 ※定員に達したため受付終了
日時:2022年4月23日(土) 14:00-15:30
会場:高砂コミュニティセンター 3階ホール1・2
講師:木島隆康(東京藝術大学名誉教授)
定員:30名(申込制/先着順)
料金:無料

実技とお話「模写で考えるフランドル技法」※定員に達したため受付終了
日時:2022年6月4日(土) 14:00-15:30
会場:高砂コミュニティセンター 3階ホール1・2
講師:渡邉郁夫(有限会社修復研究所所長、東海大学非常勤講師)
定員:30名(申込制/先着順)
料金:無料

ワークショップ「ベネチア派の技術で描いてみよう-水彩絵の具による」 ※定員に達したため受付終了
日時:2022年5月8日(日) 13:00-16:00
会場:美術館2階アトリエ
講師:十二芳明(早見芸術学園造形研究所講師、画家)
定員:10名(申込/先着順)
料金:2,500円

担当学芸員による「ギャラリートーク
日時:2022年4月9日(土)、5月21日(土) 各日14:00-(40分程度)
会場:美術館展示室
担当:鈴木伸子(当館学芸員)
料金:無料(要観覧券/申込不要)