展覧会
開催予定
2021年12月11日(土)-2022年2月6日(日)
浜田知明 アイロニーとユーモア

浜田知明(1917-2018年)は戦後日本を代表する版画家、彫刻家です。自身の過酷な戦争体験をもとにした『初年兵哀歌』シリーズによって一躍注目を集めますが、次第に社会のみならず、人間、自分自身へとモティーフの対象を広げてゆき、多岐にわたった版画を発表しました。時代に向きあいながら痛烈な皮肉とユーモアの精神で捉えあげた表現は国内外で高く評価され、わが国の現代版画に多大な影響を及ぼします。1983年以降彫刻を手掛けるようになり、2000年を最後に版画制作から離れてゆきますが、晩年にいたるまでその創作意欲は衰えませんでした。
茅ヶ崎市美術館は2002年に『初年兵哀歌』シリーズをはじめとした1950年代から1980年代までの浜田知明の版画56点をご寄贈いただきました。本展覧会は同版画コレクションを大規模に紹介する初の機会です。さらに、神奈川県立近代美術館より特別にお借りした、ヨーロッパ滞在をもとに制作された作品、1990年以降の作品をあわせて展示し、創作の軌跡をたどります。様々な危機感でおおわれた現在、浜田知明の深く豊かな表現に、わたしたちは様々な思いを馳せることとなるでしょう。


上画像: 浜田知明 《風景》 1967年 エッチング、アクアチント、紙 茅ヶ崎市美術館蔵 © Hiroko Hamada 2021 /JAA2100301

浜田知明《初年兵哀歌(歩哨)》 1954年 エッチング、アクアチント、紙 茅ヶ崎市美術館蔵 © Hiroko Hamada 2021 /JAA2100301
浜田知明《杖をつく老人》 2013年 ブロンズ 神奈川県立近代美術館蔵 © Hiroko Hamada 2021 /JAA2100301
会期2021年12月11日(土)-2022年2月6日(日)
休館日月曜日(ただし1月10日は開館)、12月29日(水)-1月3日(月)、1月11日(火)
開館時間10:00-17:00(入館は16:30まで)
料金一般700円(600円) 大学生500円(400円) 市内在住65歳以上350円(250円)
※高校生以下、障がい者およびその介護者は無料
会場茅ヶ崎市美術館 展示室1・2
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協力ヒロ画廊

※ご来館の際は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

関連イベント

講演会「浜田知明 腐食と濃縮」
浜田知明の作品についてお話いただきます。 
日時 2022年1月30日(日)14:00-15:30
会場 高砂コミュニティセンター 3階ホール1・2
講師 水沢勉(神奈川県立近代美術館館長)
料金 無料
席数 30席(申込制/先着順)
申込 2021年12月11日(土)10:00より、お電話または美術館受付にてお申し込みください。


ギャラリートーク
展覧会担当学芸員が会場を巡り、展示作品を解説します。
日時 ①2021年12月18日(土) ②2022年1月14日(金) 各日 14:00-(約40分)
会場 美術館展示室
担当 鈴木伸子(当館学芸員)
料金 無料(要観覧券/申込不要)