展覧会
開催終了
2021年9月11日(土)-11月7日(日)
ブラチスラバ世界絵本原画展 こんにちは(Ahoj)!チェコとスロバキアの新しい絵本
27th Biennial of Illustrations Bratislava in Japan

「ブラチスラバ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロバキア共和国の首都ブラチスラバで2年ごとに開催される、世界最大規模の絵本原画コンクールです。1965年にユネスコと国際児童図書評議会の提唱によって創設され、1967年、当時のチェコスロバキアで第1回展が開催されて以来、半世紀以上の歴史を歩んできました。
本展覧会では、もとは一つの国だった、開催国スロバキアと隣国チェコが2020年に日本との交流100周年を迎えたことを記念して、両国の新しい作家に注目し、原画作品のほか多彩な絵本の今を紹介します。また、2019年10月から翌年1月にかけて現地で開催されたBIB 2019(第27回展)より、世界中から選ばれた受賞作と、第1回展から参加し、主要な出品国である日本の代表作家15組の作品を展示します。加えて、今回金牌を受賞したきくちちきを含む4組の日本人作家に焦点をあて、作品に込めた思いや絵本が生まれるまでの背景、創作の原点を、アトリエから始まる「旅」になぞらえて特別展示します。

リュボスラウ・パリョ《僕の猫、タムタム》
2017年 ©L’uboslav Pal’o
ハサン・ムーサヴィー《ボクサー》
2015年 ©Hasan Mousavi
会期2021年9月11日(土)-11月7日(日)
休館日月曜日(ただし9月20日は開館)、9月21日(火)
開館時間10:00-17:00(入館は16:30まで)
料金一般800円(700円) 大学生600円(500円) 市内在住65歳以上400円(300円)
※高校生以下、障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金。10名以上の団体は入場を制限する場合がございます
会場茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛ライオン、DNP大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網
後援チェコ共和国大使館、スロバキア共和国大使館、絵本学会
協力スロバキア国際児童芸術館(BIBIANA)、一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)、チェコセンター東京

※ご来館の際は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

関連イベント

申込制のイベントは、2021年9月11日(土)より、開館時間内にお電話、またはご来館の上お申し込みください。1回のお申し込みにつき2名まで受け付けます。定員に達し次第受け付けを終了します。


担当学芸員との対談「絵本をめぐる旅1 きくちちきの冒険」
日時 2021年10月2日(土) 14:00-15:30
会場 高砂コミュニティセンター 3階ホール1・2
出演 きくちちき(本展出品作家/BIB2013金のりんご賞、BIB2019金牌受賞)、 月本寿彦(当館学芸員)
料金 無料
定員 30名(申込制/先着順)


講演会「絵本をめぐる旅2 荒井良二の場合」
日時 2021年10月16日(土) 14:00-15:30
会場 高砂コミュニティセンター 3階ホール1・2
出演 荒井良二(本展出品作家)
料金 無料
定員 30名 (申込制 /先着順 )


担当学芸員による「ギャラリートーク
日時 2021年9月26日(日)、11月3日(水・祝) 各日14:00-15:00
会場 美術館展示室
担当 月本寿彦(当館学芸員)
料金 無料(要観覧券/申込不要)

子ども審査員賞

スロバキアで行われる「ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)」では、絵本の専門家が選ぶ賞のほかに、現地の子どもたちが選ぶ「子ども審査員賞」があります。それにちなんで、展示作品の中から投票で、来館いただいた皆さんのお気に入りの作品を選んでいたできました。

【投票結果】

1位  田中清代《くろいの》

2位 リュボスラウ・パリョ《僕の猫、タムタム》

3位 きくちちき《もみじのてがみ 》(同率)

3位 降矢なな《やもじろうはりきち》(同率)