• ホーム
  • 学ぶ
  • 夏の福袋プログラム

学ぶ

夏の福袋プログラム

毎年恒例の夏の福袋展では、夏休みの子ども達向けにワークショップを開講!
アーティストや専門家による体験講座や美術館とその周辺地域の環境を活かした楽しいプログラムを実施しています。


夏の福袋’16 「じぶんのまわり ―耳でながめて 目でかいで 鼻でふれて 手できいて―」展

展覧会詳細ページ

鑑賞会
視覚障害者とつくる「美術鑑賞ワークショップ」 終了しました

目の見える人と見えない人が一緒に、見えているものや感じていることを言葉にして伝え合いながら、美術作品を鑑賞します。

Photo:中島佑輔

2016natsufukuWS_04.jpg
日時 2016年8月11日(祝・木)13:00~15:00
講師 視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
対象 中学生以上(障害有無に関わらずどなたでも)
定員 14名(申込制/※抽選)
料金 無料(ただし、観覧券が必要です)
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ、展示室
ほか 電車でお越しの方で道案内を必要とする方には茅ヶ崎駅と美術館間の
送迎あり
申込方法 電話(0467-88-1177)、FAXまたは美術館受付にてお申し込みください。
※FAXでお申し込みの場合は、氏名・年齢・電話番号・FAX番号を明記の
上、FAX番号[0467-88-1201]までお送りください。
受付期間 2016年7月17日(日)~8月2日(火)
(電話、美術館受付での申込受付時間は開館日の開館時間内です)
※応募多数の場合は抽選とし、抽選結果を8月5日(金)までに申込者
全員にお知らせします。

講師プロフィール

2012年に発足し、毎月一回全国の美術館、博物館、街中などで、多様な背景を持つ人が集まり、一緒に美術鑑賞するプログラムを企画運営している団体。この「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」では、障害の有無、見え方、考え方などさまざまな違いを持った人が、さまざまな視点を持ち寄り、言葉を交わすことで一人では出会えない新しい美術の楽しみ方を発見することを目指し、誰もが気軽に美術にふれて、感じていることや印象、経験や考えを自由に語り合う、そんな美術鑑賞の場をつくっている。

ページ上部へ

ワークショップ
心とからだと一緒に作る「じぶんの香り」 終了しました

これまでの自分・今の自分・これからの自分に想像をめぐらせて。
言葉や絵で表現し、体を動かし、自分にとって心地良い香りを作ります。

2016natsufukuWS_01.jpg
日時 2016年7月30日(土)13:00~15:00
講師 渕上愛子(整体師)
対象 中学生以上
定員 10名(申込制/先着順)
料金 500円
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ
申込 2016年7月17日(日)10:00~
お電話(0467-88-1177)または美術館受付にてお申し込みください。
(※受付時間は開館日の開館時間内です)

講師プロフィール

2012年3月に東京・目白にて「美容矯正サロンharu」を設立。「渕上整体」考案者。体の仕事に携わり16年、自身の施術を通して、体と心と魂の繫がりこそがほんとうの癒しの鍵であることを発見する。体がより自然で本来の姿でいられるための、体・心・魂の研究に明け暮れ、体に対する価値観を独自の目線で展開する新感覚の整体師。

ページ上部へ

ワークショップ
五感をみがく「音を絵に・香りを色に」  終了しました

五感を意識的に働かせると、普段気にもとめなかったものが、これまでとは違った側面があると気付き、世界が一段と広がっていきます。美術館の屋外を探索しながら体いっぱいに感じた事をアートで表現してみましょう。「自然の音に耳を澄ませそのイメージを大きな紙に描く」「草花や土などそのものを使って香りが出る色水を作る」などの制作活動を行います。

2016natsufukuWS_02.jpg
日時 2016年8月4日(木)10:30~15:00
講師 佐々木枝里(ChildTree代表/イラストレーター)
対象 小学生
定員 16名(申込制/先着順)
料金 100円
持物 お弁当、水筒、敷物、タオル、必要な方は虫よけスプレー
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ
申込 2016年7月17日(日)10:00~
お電話(0467-88-1177)または美術館受付にてお申し込みください。
(※受付時間は開館日の開館時間内です)

講師プロフィール

神奈川県リハビリテーションセンター事業団など福祉や保育の現場で20年勤務。日本心理療法士協会にてアートセラピーを学び、誰もがアートで自己表現を楽しめる教室ChildTree (子ども・親子クラス)、アルトコ(大人クラス)を設立。
http://blogs.yahoo.co.jp/childtree117

ページ上部へ

ワークショップ
何になる?「変身あそび!」 終了しました

 子どもに向けた未来の遊びをデザインしているクリエイティブスタジオPPPが変身あそびをテーマにワークショップを行います。

2016natsufukuWS_03.jpg
日時 2016年8月20日(土) ①11:00~12:00 ②14:00~15:00
講師 PPP(クリエイティブチーム)
対象 小学生とその保護者
定員 各回20名(申込制/先着順)
料金 1組100円
持物 汚れても良く、動きやすい服装でご参加ください。
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ
申込 2016年7月17日(日)10:00~
お電話(0467-88-1177)または美術館受付にてお申し込みください。
(※受付時間は開館日の開館時間内です)

講師プロフィール

子どもに向けた未来の遊びをデザインしているクリエイティブスタジオ。遊びの視点から生まれるアイデアと、テクノロジーによって広がる表現を軸に、体験やコミュニケーションをデザインする。遊びには子どもも大人も、言葉や文化も越えて共有できる魅力があり、PPPはその魅力と可能性を広げ、未来を遊びによってデザインしている。http://ppp.tokyo.jp

ページ上部へ

ゲストトーク
「香り」の美術史 終了しました

日時 2016年8月21日(日)14:00~15:00
出演 上村清雄(千葉大学文学部教授)、小川 稔(茅ヶ崎市美術館館長)
料金 無料
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ
席数 約30席
申込 不要(直接会場へお越しください)

  出演者プロフィール

1952年兵庫県に生まれる。1978年東京芸術大学美術研究科修了、芸術学修士。1986年イタリア共和国シエナ大学美術研究科修了。1987年より2002年まで群馬県立近代美術館学芸員。2002年より千葉大学で教鞭をとる。専攻は彫刻を中心とするイタリア美術。『嗅覚のイコノグラフィア』を含む叢書「感覚のラビュリントゥス」(全6巻、2011年〜2015年、ありな書房)の監修、解説を手がける。

ページ上部へ

ゲストトーク
「じぶんらしさ」はどこからどこまで 終了しました

  

 
日時 2016年8月28日(日)14:00~15:00
出演 中西裕子(資生堂リサーチセンター)、松本 薫(資生堂リサーチセンター)
料金 無料
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ
席数 約30席
申込 不要(直接会場へお越しください)

出演者プロフィール

・中西裕子・・・2004年に(株)資生堂へ入社。スキンケア商品の処方開発研究、化粧品基剤の基礎研究を経て、現在は、
         資生堂R&Dの戦略・企画立案の仕事に従事。
・松本 薫・・・2011年に(株)資生堂へ入社。スキンケア商品の処方開発研究を経て、現在は、香りの開発研究者。

ページ上部へ

ギャラリートーク
アーティストトーク   終了しました

 
日時 2016年7月24日(日)14:00~15:00
出演 MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕
料金 無料(ただし、観覧券が必要です)
会場 茅ヶ崎市美術館 展示室
申込 不要(直接会場へお越しください)

 

ギャラリートーク
学芸員トーク 終了しました

 
日時 2016年①8月17日(水)14:00~15:00 終了しました
2016年②8月27日(土)14:00~15:00  終了しました
対象 ①大人向け ②子ども向け
料金 無料(ただし、観覧券が必要です)
会場 茅ヶ崎市美術館 展示室
申込 不要(直接会場へお越しください)

ページ上部へ

美術館探検マップ 終了しました

茅ヶ崎市美術館に、はじめて来てくれる子を対象にした探検マップを無料で配布します。
マップを手にして美術館を探検してみよう!

2015tankenmap300.jpg
日時 夏の福袋展の会期中 [2016年7月17(日)~9月4日(日)]
対象 幼児と保護者、小学1~4年生まで
料金 無料(ただし、保護者の方が展示室に入る場合は観覧券が必要です)
配布場所 茅ヶ崎市美術館 受付
配布部数 先着500名(一人一枚)

ページ上部へ

■夏の福袋’14 「じぶんのいっぽ~ここから~展」

ホームページ  ドキュメント(PDF)

 

■夏の福袋’15 「正しいらくがき」展

ホームページ  ドキュメント(PDF)

 

■夏の福袋’16 「じぶんのまわり ―耳でながめて 目でかいで 鼻でふれて 手できいて―」展

ホームページ  ドキュメント(PDF)

 

 

※その他、過去の夏の福袋展、または関連ワークショップについては、
  「これまでの展覧会ページ」の夏の福袋展覧会ページをご覧下さい。→これまでの展覧会

ページ上部へ