展覧会
開催終了
2011年9月10日(土)-11月27日(日)
音二郎歿後100年・貞奴生誕140年記念 川上音二郎・貞奴展

明治は瓦解と再生の時代。未開の分野に果敢に挑んだ若者たちの数多くの物語が生まれました。近代日本のプロローグ(序幕)を舞台の上で生きた博多出身の川上音二郎とその妻、東京生まれの貞奴は新しい社会にふさわしい演劇を夢見、その実現のために知恵と身体を惜しまず奮闘しました。
二人の居宅の跡地に建つ茅ヶ崎市美術館では、音二郎没後100年、貞奴生誕140年を記念して国内外に及ぶ夫妻の業績を回顧する展覧会を開催いたします。日本の近代演劇の誕生に多大な貢献をした川上夫妻の人生はその大胆さで今なお私たちを驚かせ魅了します。
新発見資料をはじめ国内外の貴重な美術作品などをとおし、多くの方に川上夫妻の知られざる物語に触れていただきたいと思います。

会期2011年9月10日(土)-11月27日(日)
休館日月曜日、9月20日(火)、21日(水)、27日(火)、10月11日(火)、12日(水)、11月4日(金)、24日(木)
開館時間10:00-18:00(入館は17:30まで)
料金一般500円(300円) 大学生300円(250円) 高校生以下無料
※市内在住65歳以上の方・障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茅ヶ崎市美術館 展示室
主催財団法人 茅ヶ崎市文化振興財団
共催川上音二郎没後100年・川上貞奴生誕140年記念事業実行委員会
助成芸術文化振興基金、公益財団法人 花王 芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団
後援在日フランス大使館、茅ヶ崎市教育委員会
協力ANA、ちがさき丸ごとふるさと発見博物館

関連イベント

対談「明治の見世物と芝居」
日時 2011年10月1日(土) 14:00-15:30
会場 美術館エントランスホール
出演 木下直之(東京大学教授)、小川稔(当館館長)
料金 無料
席数 約60席(申込不要/先着順)

ミニコンサート「おはなしオペラ『蝶々夫人』と大正ロマン」
日時 2011年10月9日(日) 14:00-
会場 美術館エントランスホール
出演 塩田美奈子(ソプラノ)、伊藤美佐(ピアノ)
料金 無料
席数 約60席(申込不要/先着順)

リーディング公演「対決!音二郎vsシェイクスピア」
日時 2011年11月13日(日) ①10:00- ②14:30-
会場 ①茅ヶ崎市立小和田公民館 ②美術館 エントランスホール
料金 無料
席数 約60席(申込不要/ 申込不要)
共催 茅ヶ崎市立小和田公民館

ギャラリートーク
展覧会担当学芸員が会場を巡り、展示作品を解説します。
日時 2011年9月23日(金)、10月2日(日)、10月23日(日)、10月29日(土)、11月18日(金) 各日14:00-
会場 美術館展示室
料金 無料(要観覧券/申込不要)