展覧会
開催終了
2014年4月27日(日)-6月8日(日)
井上安治生誕150年記念 絵師たちの視線(まなざし)-安治・清親・光逸-

2014年、茅ヶ崎市美術館では近代日本の風景画の展開をテーマとして、春季と秋季の企画展をおこないます。
春季の企画展では、生誕150年となる夭折の絵師・井上安治(いのうえ・やすじ 1864~1889)の代表作である〈東京真画名所図解〉を中心に、その師である小林清親(こばやし・きよちか1847~1915)と安治の弟弟子となる茅ヶ崎ゆかりの土屋光逸(つちや・こういつ 1870~1949)の作品を紹介します。
最後の浮世絵師ともよばれた小林清親は、1876(明治9)年の夏から、のちに〈東京名所図〉と総称される木版風景版画を刊行しました。これらは従来の浮世絵の表現とはまったく異なり、遠近法や陰影法など西洋絵画的な空間表現をとりいれた斬新な画風であったため好評を博しました。井上安治は清親が〈光線画〉ともよばれた〈東京名所図〉の連作により新時代の人気絵師として活躍していた1878(明治11)年、最初の門人として清親に師事します。その後、1880(明治13)年6月、数え17歳の安治は師の後援を得て3点の木版風景版画を刊行して世に出ました。そして翌1881(明治14)年、この年に師・清親がふっつりとその制作をやめた〈東京名所図〉を引き継ぐように〈東京真画名所図解〉連作の刊行を開始します。
〈東京真画名所図解〉は総数130図を超える組物で、その多くは葉書ほどの大きさであり、全体の五割弱は師・清親の〈東京名所図〉に酷似した構図が用いられています。しかし、師の構図にそった作品であっても、画面を小型化する際になされるモチーフの取捨選択や背景の処理などに個性を表しています。また、安治自身の構図による作品も含め、画面から滲み出る情趣には独自のものがあります。
今回の展覧会では井上安治の〈東京真画名所図解〉134図のほか、小林清親の〈光線画〉作品や師風を継いで夜景を得意とした土屋光逸の代表作〈東京風景〉(全12点)などを展示し、伝統的な技法によりながらも新しい表現方法をもちいて風景を探求した絵師たちの仕事を紹介します。

井上安治《上野競馬》 1884-1889年 茅ヶ崎市美術館蔵
会期2014年4月27日(日)-6月8日(日)
休館日4月28日(月)、30日(水)、5月7日(水)、8日(木)、9日(金)、12日(月)、13日(火)、19日(月)、26日(月)、6月2日(月)
開館時間10:00-18:00(入館は17:30まで)
料金一般300円(250円) 大学生200円(150円) 高校生以下無料
※市内在住65歳以上、市内在住の障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茅ヶ崎市美術館 展示室1・2
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協力府中市美術館

関連イベント

申込制のイベントは、2014年4月27日(日)より、美術館受付または電話にて開館時間内にお申し込みください。

ミニコンサート平田耕治タンゴミニコンサート」
日時  2014年5月3日(土)14:00-
会場  美術館 エントランスホール
演奏  平田耕治(バンドネオン奏者)、須藤信一郎(ピアニスト)
料金  無料
席数  約50席(申込不要)


ゲストトーク「明治の風景版画を中心に」
日時  2014年5月4日(土)14:00-
会場  美術館展示室1・2
講師  桑山童奈(神奈川県立歴史博物館学芸員)
料金  無料(申込不要)


ギャラリートーク
展覧会担当学芸員が会場を巡り、展示作品を解説します。
日時  2014年5月11日(日)、24日(土)各日14:00-
会場  美術館展示室1・2
料金  無料(要観覧券/申込不要)


実技講座色刷り木版画をつくろう」
水性木版による多色刷りを体験します。
日時  2014年5月15日(木)、22日(木)、29日(木)各日13:00-16:00(全3回)
会場  美術館2階アトリエ
講師  花村泰江(版画家)
対象  18歳以上
料金  1,500円(3回分)
定員  16名(申込制/先着順)
持物  水彩絵の具、彫刻刀、エプロン


0歳からの家族鑑賞会 赤ちゃんと「絵のおさんぽかい」
赤ちゃんとそのご家族のための鑑賞会。明治時代の風景版画を中心に、タイムスリップしておさんぽするように作品をめぐります。
日時  2014年①6月1日(日)14:00-15:00 ②6月3日(火)10:30-11:30
会場  美術館展示室、2階アトリエ
講師  冨田めぐみ(アートケアひろば会長)
対象  0歳以上①おもに園児・小学生とその保護者 ②おもに未就園児とその保護者
料金  無料(ただし、保護者は観覧券が必要)
定員  各回30名(申込制/先着順)