展覧会
開催終了
2015年4月5日(日)-6月7日(日)
時のきらめき 丹阿弥丹波子 銅版画展

南仏・ニースの画廊に預けられていた日本人画家の作品を目にした一人の巨匠が発した称賛の言葉です。巨匠の名は丹阿弥丹波子(たんあみ・にわこ)は、1960年頃から50年以上にわたりメゾチントという技法を用いて、野に咲く草花、野菜、日常的に使うグラスなど、身近にあるものをモチーフにした作品を数多く発表しています。静謐な空気を漂わせる一連の作品は、見る者に目の前にない色を感じさせる不思議な力を持ち、描かれたモチーフは、漆黒の闇を思わせるモノクロームの画面の中で、光を纏っているかのように浮かびあがります。作品制作にあたり、「常に心を平静に保とうとするも、自ずと感情の揺らぎが刻みこまれてしまう」という作家の言葉の通り、草花の時々の表情、季節の陽の光や風、自身におこる日々の出来事まで、様々な要素が彫り込まれ、日記のように綴られてきました。本展は、約100点のメゾチント作品に加え、これまであまり紹介されることのなかった初期のエッチング作品なども併せて展示し、作家の画業を辿る本格的な回顧展となります。無限の色彩とストーリーにあふれる丹阿弥丹波子の世界“時のきらめき”をご覧下さい。

《秋の花Ⅱ》1996年 個人蔵

《わたの実》2002年 個人蔵
会期2015年4月5日(日)-6月7日(日)
休館日4月6日(月)、13日(月)、20日(月)、27日(月)、30日(木)、5月7日(木)、8日(金)、11日(月)、12日(火)、13日(水)、18日(月)、25日(月)、6月1日(月)
開館時間10:00-18:00(入館は17:30まで)
料金一般600円(500円) 大学生400円(300円) 高校生以下無料
※市内在住65歳以上、市内在住の障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
後援読売新聞社
協力ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

関連イベント

ゲストトーク
日時  2015年4月11日(土)14:00-
会場  美術館エントランスホール
出演  丹阿弥丹波子、入江観(画家)、小川稔(館長)
料金  無料
席数  約50席(申込不要)


ミニコンサートヴァイオリンとチェンバロの調べ モーツァルトの時のきらめき
日時  2015年5月3日(日)14:00-
会場  美術館 エントランスホール
演奏  楠山裕子(チェンバロ)、 早房あかね(ヴァイオリン)
料金  無料
席数  約50席( 申込不要)


実技講座銅版画メゾチント体験」
丹阿弥丹波子の作品制作に携わったことのある浜西氏を講師に迎え、メゾチントの製版から刷りまで初心者の方も体験できる講座です。
日時  2015年4月9日(木)、16日(木)、23日(木)各日13:00-16:00(全3回)
会場  美術館2階アトリエ
講師  浜西勝則(版画家、日本版画協会会員、春陽会会員)
対象  18歳以上の方
料金  2,500円(3回分)
定員  16名(申込制)
持物  ボロ布、ゴム手袋
申込  参加ご希望の方は、お電話(0467-88-1177)でお申込みください。定員に達し次第、受付を終了いたします。


ギャラリートーク
展覧会担当学芸員が会場を巡り、展示作品を解説します。
日時  2015年5月10日(日)、23日(土)各日14:00-
会場  美術館展示室
料金  無料(要観覧券/申込不要)

同時期開催

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションとの連携
「浜口陽三・丹阿弥丹波子 二人展 はるかな符合-大岡亜紀の詩と共に」

会期:2015年4月4日(土)-6月30日(火)
上記の展覧会観覧券の半券を受付にご掲示いただくと、一般500円、大学生300円でご覧いただけます。
(他の割引との併用不可/1名様1回限り有効)