展覧会
開催終了
2016年12月11日(日)-2017年2月5日(日)
-かすかな光・覚めて見る夢- 森 栄二 + 森 京子展

庭先の草木や子供。森栄二のまなざしはそれら身近なものにむけられています。
そうして、子供や自然を、その瞬間の風や物音、香りまでをも作品に包みこむように制作しています。
夢のカケラを組み合わせたような世界を描きだしているのは森京子。
彼女の作品からは音楽とともに物語があふれ、その登場人物は見るものを絵の中に誘いこみます。
ひとつのアトリエから創出されたふたつの個性がひとつの空間で出会います。
ゆっくりと作品と向きあい、しずかにながれる時間をおたのしみください。

森 栄二「はだかの王子様」 2006年 木彫、彩色 個人蔵
森京子「悲しみは小さくちぎって」 2016年 油彩・キャンパス
会期2016年12月11日(日)-2017年2月5日(日)
休館日月曜日(1月9日は開館)、12月27日(火)-1月3日(火)、10日(火)、11日(水)
開館時間10:00-17:00(入館は16:30まで)
料金一般500(300)円 大学生300(250)円
※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場茅ヶ崎市美術館 展示室1・2
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団

作家プロフィール

森 栄二 Eiji MORI
1967年 神奈川県小田原市に生まれる。
1992年 多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン専攻卒業。
1995年 東京藝術大学大学院保存修復技術彫刻専攻修了。
1997年 タケダエキジビットハウス(鎌倉)にて個展。以降、ギャラリー山口(東京・京橋)、柴田悦子画廊(東京・銀座)、lOWER AKIHABARA(東京・東神田)、Gallery 花影抄(東京・根津)にて個展開催。 
1998年 GARRERY TAGA(東京・世田谷)にて二人展。以降、グループ展多数。
1999年 茅ヶ崎市内のアトリエ兼住居にて制作(2004年まで)。
2004年 茅ヶ崎市美術館にて「森栄二立体作品展―花と子供―」開催。

森 京子 Kyouko MORI
1969年 東京都に生まれる。
1992年 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。同年「独立展」入選。以降、2001年、同展にて新人賞、2002年、独立賞受賞。2003年、独立美術協会会員に推挙。
1993年 ギャラリーイセヨシ(東京・銀座)の「青い会」に出品。以降、グループ展多数。
1994年 多摩美術大学大学院美術研究科修了。同年、ギャラリーイセヨシにて個展。以降、ギャラリーいっぽ(東京・銀座)、Gallery Tanaka(同)、柴田悦子画廊(同)、カフェ&ギャルリソシエール(千葉・船橋)、f.e.i art gallery(横浜・楠町)にて個展開催。 
1999年 茅ヶ崎市内のアトリエ兼住居にて制作(2004年まで)。
2006年 日動画廊(東京・銀座)での「昭和会展」にて優秀賞受賞。

関連イベント

アーティストトーク
作者が自身の作品を解説します。
日時  ①2016年12月23日(金・祝) ②2017年 1月15(日) 各日14:00-15:00
会場  美術館 展示室1・2
出演  森栄二(彫刻家)、森京子(画家)
料金  無料(要観覧券/申込不要)

クリスマスミニコンサート「アンティークギターの響き 幻想の古楽器~リラの調べ」
過去2回のリチャード・ゴーマン展を開催した三鷹市美術ギャラリーの浅倉氏がゴーマンの人と作品を語ります。
日時  2016年12月25日(日) 14:00-15:00
会場  美術館エントランスホール
出演  長谷川郁夫(ギタリスト)
料金  無料
席数  約50席(申込不要)

ワークショップ「じぶんをつくろう」
紙粘土で「自分」を作ります。
日時  2017年1月9日(月・祝) 13:30-16:30
会場  美術館 2階アトリエ
講師  森栄二(彫刻家)
対象  小学生以上
定員  16名(申込制/先着順)
料金  500円
申込  2016年12月11日(日)10:00-電話または来館にて開館時間内に受付

ギャラリートーク
展覧会担当者が会場を巡り、展示作品を解説します。
日時  ①2016年12月17日(土) ②2017年1月27日(金) 各日14:00-15:00
料金  無料(要観覧券/申込不要)