展覧会
開催終了
2017年11月11日(土)-12月3日(日)
藤田道子 光と空間のための作品展
特別展示

アーティスト藤田道子が光・空間・モノが持つ関係性を捉えたインスタレーションを展開します。美術館のエントランスに降り注ぐ光も取り込み、時間とともに移ろいゆく作品をご覧ください。
最終日の2日間は中学生とのコラボレーション展示も行います。

会期2017年11月11日(土)-12月3日(日)
休館日月曜日、11月24日(金)
開館時間10:00-17:00(入館は16:30まで)
料金無料
会場茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
主催公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協力勝又木材有限会社
同時開催【中学生に向けた実技講座】光と空間のための作品をつくる

藤田道子(ふじた・みちこ)

1980年大阪生まれ。東京造形大学卒業。身体や自然現象から受ける感覚をもとに、木、糸、布、紙、ガラスなどの素材を用い、幾何学形態や規則的要素を取り入れたインスタレーションや立体作品、シルクスクリーンでの作品を発表。
http://www.michiko-fujita.com

【中学生に向けた実技講座】光と空間のための作品をつくる 《3回連続講座》

例えば窓のついた、ひとつの部屋があるとします。差し込む日の光が移り変わるたび、その部屋は違う表情を見せます。リンゴをひとつ置いてみましょう。リンゴが持つイメージ、また赤い色や丸い形が、殺風景な部屋であれば暖かみのある場へと変えてくれるでしょう。今回はそんな光と空間 、空間とモノの関係性について考え、光を捉える素材を使い、中学生とともに作品を作ります。
最終日には、美術館エントランスの空間全体を作品としてみせるインスタレーション に挑戦します。
※本講座は、一般の方も自由に見学できます


日時  ①11月18日(土)10:30-12:00 ②11月25日(土)10:30-12:00 ③12月2日(土)10:30-14:00
会場  美術館2階 アトリエ
講師  藤田道子(アーティスト)
費用  1,000円(3回分材料費)
対象  中学生12名(申込制/先着順)

〈 申込方法 〉
10月21日(土)10時より、美術館受付またはお電話にて、開館時間内にお申込みください。