イベントレポート
2019年11月27日
屋外アトリエWS「天然素材で作るクリスマスリース2019」

11月23日(土)、美術館ボランティアのガーデニング倶楽部メンバーによる
屋外アトリエワークショップ「天然素材で作るクリスマスリース」を行いました。

美術館の裏にある屋外アトリエという名の小さな畑や周りにある植物を使って
小さなオリジナルのリースを作ります。

本来であれば、参加者の皆さんで畑のハーブを摘み取りに行きますが、
当日は強い雨が降っていたため、ガーデニング倶楽部のみなさんが事前に用意してくれました。

使う材料は、ローズマリー、ラベンダー、エンシラ、藍の茎、藍の乾燥した葉、椿の種、乾燥したあじさいの花、
紫蘇の穂、松ぼっくりなどの植物に加え、美術館で染色した糸、カラフルなボタンや紐、アクセサリーなど盛りだくさん。
この中から好きなものを選んで、ぶどう(デラウェア)のつるで作ったリースに装飾していきます。

今回は、親子でのご参加が多かったのですが、子どもたちは手際よくどんどんと作業を進め、
かわいいリースを作り上げていきました。

最後は余ったどんぐりんなどもお持ち帰りいただき、笑顔で帰られていきました。
作ったリースを飾って素敵なクリスマスをお過ごしください。