学ぶ

実技講座

人物画、風景画、デッサンなど、さまざまな表現方法の基礎について学び、創作活動をはじめるきっかけづくりや、
個人の作品制作の向上を目指します。

カメラ片手にまちに出る-スナップショットの楽しみ 終了しました

jitugikouza220_1805.jpg  jitugikouza220_1805-2.jpg
日時 2018年5月6日(日)、5月20日(日)、6月3日(日)
各日13:30~17:00頃 《全3回
講師

三浦和人さん(写真家)

内容

講師とともに茅ヶ崎市内各所を散策して撮影、発表を行うとともに講師から講評を頂戴します。川柳や俳句、短歌のように、時代を表し、また個人の内面を詠むという自由自在な表現の魅力を「写真」で示そうとする写真実技講座。

対象 小学4年生以上(小学生以下の参加者は保護者同伴)
3時間程度の散歩が可能な方/デジタルカメラをお持ちの方
定員 12名(申込制・先着順)
費用 500円3回分) ※交通機関を使う場合は各自料金負担
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ、茅ヶ崎市内屋外
申込 美術館受付またはお電話にてお申し込みください(開館時間内)

 

講師プロフィール

三浦和人(みうら かずと)
1946年東京に生まれ育つ。1968年桑沢デザイン研究所研究科写真専攻卒業後、凸版印刷アイデアセンター写真部に入社する。1979年~2012年東京造形大学、桑沢デザイン研究所、日本写真芸術専門学校の非常勤講師。2017年~文星芸術大学非常勤講師を務める。

写真展・グループ展: 「会話〈見ることの〉習慣 1989-1997」 浦和・楽風(らふ)、柳沢画廊 1998年/「大辻清司と15人の写真家たち」展 東京造形大学附属美術館(横山記念マンズ-美術館) 1999年/「スナップショットの時間 三浦和人と関口正夫」 三鷹市美術ギャラリー 2008年
著作: 家族共著「もうひとつの天安門 親子で見てきた中国」 創和出版 1990年/写真集「会話 correspondence」 モール 1998年/カタログ「スナップショットの時間 三浦和人と関口正夫」 三鷹市美術ギャラリー 2008年

 

ページ上部へ

 

過去の実技講座の様子

実技講座 【茅ヶ崎市美術館スタッフブログ】(平成27年度以降)

風景を描く ~湘南と武蔵野~(平成26年度実施)icn_pdf.gif

色刷り木版画をつくろう(平成26年度実施)icn_pdf.gif