• ホーム
  • 学校向け

学校向け

1. 美術館と学校との連携について

茅ヶ崎市美術館では、次世代を担う子ども達の茅ヶ崎への愛着心を育て、豊かな創造性・感性をはぐくむことを目的に、各種教育機関との連携をしています。
学校や美術館での鑑賞活動を充実させる鑑賞支援事業、美術館の学芸員や地域の芸術家が出前講座をするアウトリーチ事業、専門的な講座を受講できる
連続講座事業を展開しています。
これらの事業の一部は、平成24年度からスタートした茅ヶ崎市文化生涯学習プランにおける重点戦略にも位置づけられています。

ご希望の方は、下記お問い合せ先までご相談ください。

問合せ:茅ヶ崎市美術館 教育普及担当 0467-88-1177

1-1. 鑑賞支援事業 会場:学校や美術館

  • アートカードの貸し出し
  • 団体見学の際のオリエンテーション
  • 鑑賞シートを使った授業のサポート
  • 出品作家や学芸員によるギャラリートーク
  • 対話によるギャラリートーク

1-2. アウトリーチ事業 会場:学校

  • 地域の芸術家による表現や鑑賞の授業
  • 学芸員による茅ヶ崎ゆかりの芸術文化に関する授業
  • 教育普及担当によるアートカードの指導
  • 授業や特別活動でのワークショップの実施

1-3. 連携講座事業 会場:学校や美術館

  • 教員の各種研究会向け講座の実施
  • 中学校・高等学校美術部向け講座・ワークショップの実施

2. 教員向け美術館利用案内

教員向け美術館利用案内(全体版)

観覧料について

【小・中・高校生の観覧料について】
企画展・常設展・共催展いずれも小・中・高校生の観覧料は無料です。

【引率者の観覧料について】
小学校(特別支援学校の小学部を含む。)、中学校(特別支援学校の中学部並びに中等教育学校の前期課程を含む。)または高等学校(特別支援学校の高等部並びに中等教育学校の後期課程を含む。)の児童もしくは生徒又はこれらに準ずる者の引率者が教育課程に基づく教育活動のために観覧する場合は観覧料の全額を免除します。

観覧料減免申請書

観覧料減免申請書

3. 博物館実習の受け入れについて

公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団「茅ヶ崎市美術館」は、博物館実習生の受入れを実施します。
美術館・博物館の学芸員資格取得を目指す学生に対して、茅ヶ崎市美術館の概要、学芸員の業務、
美術館の運営などについて、講義や実習を通して学ぶ機会とします。


【申込受付期間】
2017(平成29)年5月1日(日)~5月20日(土)必着

【実習日】
2017(平成29)年8月2日(水)~8月5日(土)、8月8日(火) (計5日間)

【申込方法】
下記の要項を御確認の上、お申し込みください。なお、受入れに際しては選考を行います。

博物館実習について

申込書

レポートについて

 

4. 美術館と学校との連携事業報告