今月の1点 Monthly Pickup 9月
 
 

「湘南海岸(晩夏)」
岡本喜久司(おかもと きくじ) (1920-1987)作

1981年,油彩・キャンバス, 30.7センチ×41.0センチ



 砂浜に大勢の人々が、土用波なのであろうか白波が押し寄せて泳げない海を眺めている。
 岡本は、茅ヶ崎市立第一中学校教頭などを務め、寒川町立寒川中学校校長を最後に教師生活を終えた。新制作展、春陽展に出品し、個展も開いている。昭和23年(1948)、三橋兄弟治をリーダーに「茅ヶ崎美術クラブ」を創立するなど地域文化発展にも貢献した。本市に住み、春夏秋冬の海岸風景を好んで描いた。この絵は、湘南の光に包まれた明るい海辺の晩夏のひとときを、写生風に素直に描いていて、心地良い。