今月の1点 Monthly Pickup 3月
 
 

「熱海丿山々」
浮田 克躬(うきた かつみ)(1930−1989)作

1943年,油彩・キャンバス, 53.2×72.5cm



 緑の山並みの中、照明が当たったように浮かび上がるのは山桜でしょうか。
 小学1年生のころから絵かきになりたいと考えていた浮田は、昭和17年(1942)、茅ヶ崎尋常高等小学校尋常科(現在の茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校)を卒業して藤嶺学園藤沢中学校(現在の藤嶺学園藤沢高等学校)に入学、そこで油絵の手ほどきを受けます。そして20年(1945)には、戦争時の特別措置として、入学資格が中学3年修了に引き下げられた東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)油絵科に、ただ一人の15歳の新入生として入学しています。
 この作品の裏面には、タイトル、署名とともに「昭和十八年一月〜四月」と記されていて、彼の油彩作品の中でも極めて早い時期のものであることが分かります。