お知らせ

夏の福袋展ワークショップ 参加者募集中!!

ワークショップ  【申込受付終了しました】
家電が変身? 「家電や電動玩具でつくるドローイングマシン」

 

身近な動くものを使って、ドローイングマシンを作ってみませんか?
ワークショップで完成したドローイングマシンは、会期中館内で展示予定!

201507natsufuku.jpg
日時 2015年8月2日(日)14:00~16:00
講師 やんツー(アーティスト)、石毛 健太(アーティスト)
定員 12名(申込制/先着順)
対象 小学生から中学生まで(小学4年生以下、保護者同伴)
料金 1,500円
持物 電池で動くおもちゃや家電。
汚れても良く、動きやすい服装でご参加ください。
会場 茅ヶ崎市美術館 アトリエ
申込 2015年7月19日(日)10:00~
お電話または美術館受付にてお申し込みください。
(※受付時間は開館日の開館時間内です)

講師プロフィール

やんツー (yang02)
1984年、神奈川県生まれ。多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン研究領域修了。デジタルメディアを基盤に、グラフィティやストリートアートなど、公共の場での表現にインスパイアされた作品を多く制作。2011年から菅野創と共に自律生成型のドローイングマシンの制作を開始し、第15回文化庁メディア芸術祭アート部門にて二重振り子の動きを利用し描画するドローイングマシン《SENSELESS DRAWING BOT》が新人賞を受賞。その後、韓国、ロシア、アメリカなど国内外様々なフェスティバルやグループ展に招かれ各地で作品を発表。2013年、文化庁新進芸術家海外研修制度に採択され、バルセロナとベルリンに1年間滞在。2015年から、東山アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)のスタジオ使用アーティストとして、制作の拠点を京都に移し活動中。http://yang02.com

石毛健太 (ISHIGE Kenta)
1994年、東京都生まれ。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科在学中。
メディア芸術コースにて久保田晃弘氏に師事し、メディアアートを学ぶ。都内を中心にDJとしても活動中。http://www.idd.tamabi.ac.jp/n46003/index.html

 

 

夏の福袋ホームページ

ページ上部へ