• ホーム
  • 展覧会
  • 棟方志功 萬鉄五郎に首ったけ

展覧会

企画展

萬鉄五郎生誕130年 棟方志功没後40年
棟方志功 萬鉄五郎に首ったけ

munayorozu_TOP_20150906-1103.jpg

青森に生まれ日本を代表する版画家として活躍した棟方志功(1903-1975)。版画(1942年からは「板画」と表記)のほかにも油絵、倭画、書、詩歌など多岐にわたり独創的な優れた作品を残しています。その棟方が、岩手に生まれ大正期に活躍した画家・萬鉄五郎(1885-1927)に対して日本の真実を油絵でなしとげた無類の人と手ばなしで認め、≪わたくしは萬氏の繪の事については、際限を持たない。それ程、わたくしは「萬鐵に首つたけ惚れて」ゐるのだ。仕方がない程、参つてゐるのだ。≫(「『萬鐵』の繪心」『板響神』1952年刊)とその心酔ぶりを記しています。これほど萬を敬愛し惚れ込んでいたことは、専門家の間でもあまり語られてきませんでした。ゴッホにあこがれ画家を目指して上京した棟方が、初めて入選を果たした春陽会展会場で、奇しくも「萬鉄五郎遺作展」が開催されていました。ここで棟方は何を目にし、何を感じたのでしょうか。以後、次第に版画の道へと分けいったその姿には、萬の影が漂っているように思われてならないのです。それを物語るように、棟方の奔放な表現性に萬のそれと通じるものを見出すことはたやすく、作品に漂う土着的な匂いにも共通する表現主義的な意識を感ぜずにはいられません。さらに、棟方は萬作品を手元に置きたいと1940年代から探し続けます。そして何度目かのめぐり会いで、ようやく手に入れた「自画像」に<萬鉄五郎先醒>と自ら裏書きし、封印するかのように額裏に糊貼りして生涯愛蔵したことからも、並々ならぬ敬愛の念を抱いていた証といえます。この度、画家を目指した棟方志功の初期の作品を皮切りに、第6回春陽会展で目にした萬鉄五郎遺作室の再現を試み、そこに何を見出し萬に惹かれていったのか、棟方と萬、両者の作品を対比しながら棟方志功に萬がもたらした意義を跡づけたいと思います。また、東北出身の二人の画家の足跡を紹介することで、2011年の東日本大震災で多大な被害を被った東北地方の復興を応援するメッセージにもなれば幸いです。

munayoro_20150906-1103_01boa.jpg
萬鉄五郎《女の顔(ボアの女)》 1912年 岩手県立美術館蔵
munayoro_20150906-1103_02kanakiri.jpg
 萬鉄五郎《かなきり声の風景》 1918年 山形美術館寄託
munayoro_20150906-1103_04shaka.jpg
 棟方志功《摩訶迦葉の柵》
1939年 宮城県美術館蔵
 munayoro_20150906-1103_03douhyou.jpg
 棟方志功《道標の柵》 1963年 棟方志功記念館蔵
 
 
munayoro_20150906-1103_05koshigoe.jpg
棟方志功《腰越庭自画像》 1967年 個人蔵
 
会期 2015年9月6日(日)~11月3日(火・祝)
休館日 月曜日(9月21日、10月12日の祝日は開館)、
9月24日(木)、25日(金)、29日(火)、30日(水)、10月13日(火)、14日(水)
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料 一般:700円(600円) 大学生:500円(400円) 高校生以下:無料
市内在住65歳以上・市内在住障害者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
会場 茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
主催 公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協力 青森県立美術館、岩手県立美術館、棟方志功記念館
後援 NHK横浜放送局、神奈川新聞社
助成 公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人 花王 芸術・科学財団、芸術文化振興基金

 

本展覧会図録を販売しています。詳細についてはこちら→【出版物】

 

 

関連イベント

追加企画 ◆ スペシャル☆ギャラリートーク ◆  【終了しました】

棟方志功研究者であり、志功ご令孫の石井頼子さんと美術館スタッフによる展示作品の解説

日時:2015年11月3日(火・祝) [1] 10:30~ [2] 14:00~
料金:無料(ただし、観覧券が必要です)
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室
申込:不要。直接会場へお越しください

 

◆ ギャラリートーク ◆  【終了しました】

美術館スタッフによる展示作品の解説

日時:[1]2015年9月22日(火・祝) 14:00~ 終了しました
    [2]2015年10月12日(月・祝) 14:00~ 終了しました
    [追加]2015年10月31日(土) 14:00~ 終了しました
料金:無料(ただし、観覧券が必要です)
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室
申込:不要。直接会場へお越しください

 

◆ お茶会 ◆  【終了しました】

棟方志功流 お茶の楽しみ

講師の解説を交えながら棟方志功流のお茶の楽しみを再現します

日時:2015年9月20日(日) [1]11:00~12:30 [2]14:00~15:30
講師:石井頼子(棟方志功研究・学芸員、棟方志功令孫)
対象:3歳以上の方(小学生未満は保護者同伴)
定員:各回12名(申込制/先着)
料金:一席1,000円
申込:2015年9月6日(日)10:00~ 
    お電話(0467-88-1177)または、美術館受付にてお申し込みください
    ※受付時間は開館日の開館時間内

 

◆ ワークショップ ◆  【終了しました】

名画の人物になってみる

作品に描かれた人物像の動きを理解し、粘土を使って再現、共同制作
を行います

日時:2015年9月23日(水・祝)14:00~15:30
講師:エサシトモコ(彫刻家)
対象:3歳以上の方(小学生未満は保護者同伴)
定員:20名(申込制/先着)
料金:無料
会場:茅ヶ崎市美術館 アトリエ
申込:申込:2015年9月6日(日)10:00~ 
    お電話(0467-88-1177)または、美術館受付にてお申し込みください
    ※受付時間は開館日の開館時間内

造形ワークショップ詳細ページ

 

◆ 0歳からの家族鑑賞会 ◆  【終了しました】

赤ちゃんと「絵とにらめっこ」

赤ちゃんとご家族のための鑑賞会。「こども・作品・家族」のコミュニケーションをガイドします

日時:[1]2015年10月3日(土) 10:30~11:30 終了しました
    [2]2015年10月8日(木) 10:30~11:30 終了しました
講師:冨田めぐみ(NPO 赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会代表理事)
対象:[1]おもに園児・小学生とその保護者、[2]未就園児とその保護者
定員:各回30名(申込制/先着)
料金:無料(ただし、保護者は観覧券が必要です)
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室、アトリエ
申込:申込:2015年9月6日(日)10:00~ 
    お電話(0467-88-1177)または、美術館受付にてお申し込みください
    ※受付時間は開館日の開館時間内

鑑賞プログラム詳細ページ

 

◆ 講演会 ◆  【終了しました】

棟方志功 鎌倉の思い出 

日時:2015年10月4日(日) 14:00~15:30
講師:石井頼子(棟方志功研究・学芸員、棟方志功令孫)
料金:無料
会場:茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
申込:不要。直接会場へお越しください
ほか:席数約50席

 

◆ ゲストトーク ◆  【終了しました】

萬鉄五郎と棟方志功

日時:2015年10月11日(日) 14:00~15:30
出演:石井頼子(棟方志功研究・学芸員、棟方志功令孫)、
    平澤 広(萬鉄五郎記念美術館学芸員)、
    小川 稔(茅ヶ崎市美術館館長)
料金:無料
会場:茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
申込:不要。直接会場へお越しください
ほか:席数約50席

 

◆ 実技講座 ◆  【終了しました】

組紐体験 棟方志功の色を組む

丸台を使って棟方作品をイメージした組紐のストラップ制作と、組紐の色についてお話しします

日時:2015年10月25日(日)13:00~15:30
講師:道明三保子(文化学園大学名誉教授)
対象:どなたでも
定員:20名(申込制/先着)
料金:1,000円
会場:茅ヶ崎市美術館 アトリエ
申込:申込:2015年9月6日(日)10:00~ 
    お電話(0467-88-1177)または、美術館受付にてお申し込みください
    ※受付時間は開館日の開館時間内

実技講座詳細ページ

 

ページ上部へ

展覧会HOME