• ホーム
  • 展覧会
  • 春季収蔵作品展 日常への視線

展覧会

本展覧会は、昨年、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、会期途中で中止になった展覧会を再度開催するものです
※ご来館の際は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。詳しくはコチラをご覧ください
※10名以上の団体は、入場方法を制限させていただく場合がございます

春季収蔵作品展

日常への視線

 shunki-ban700×350.jpg

 

画家と日常、そして春―

 

画家は身のまわりの何気ない風景をしばしば描きます。活けられた花、果物が並んだ食卓、旅先で目にした風景…
生活の一場面を切り取ったかのような作品は、優しく穏やかに、時に静謐な空気が漂い、多様に表されます。
そこには画家の制作の様子や息づかいも感じられ、私たちは様々に想像を巡らすことができるでしょう。
この展覧会では、画家と日常をテーマに、当館の収蔵作品のなかから画家の暮らしを探り、さらに春を感じさせる
作品も織り交ぜてご紹介いたします。画家の日常へのまなざしを感じていただければ幸いです。


画像:三橋兄弟治《芝生の上の子供たち》 1946(昭和21)年 水彩・紙

 

 

会期 2021年2月13日(土)~3月28日(日)
休館日 月曜日
開館時間 10:00 ~ 17:00(入館は16:30まで)
会場 茅ヶ崎市美術館 展示室1
観覧料 一般:200円(150円) 市内在住65歳以上200円(150円) 大学生100円(70円)
高校生以下、障害者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金。10名以上の団体は入場を制限する場合がございます
主催 公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団

 

 

展覧会HOME