• ホーム
  • 展覧会
  • 城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-

展覧会

企画展

城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-

shirotabn700×310.jpg

 
消失する主体 拡張する静寂

写真と絵画を用いた独自な表現手法で知られ、海外にもコレクターが多く注目を集めているアーティスト、城田圭介の国内の美術館における初めての個展を開催します。
城田の制作は、何気なく撮影されたスナップ写真を基点とし、その周囲に拡がっているかのような架空の風景を描き足す絵画作品や、写真上の人物をあたかも消すように人物の部分をその背景描写で埋めた写真作品、そして、写真に写り込んだ人物だけを抽出し、油彩で描いた新作を発表するなど、多様な展開を示します。作品はいずれも写真をもとに制作されており、特筆すべきは、写真に写された風景や絵の具で描かれている人物が、現実的な関係性から切り離され、「何も」そして「誰も」存在していないかのような一貫した静けさをまとっていることです。現在、我々を取り巻く社会において、瞬く間に大量消費される写真。その膨大な情報の波に抗うがごとく、静かに佇み一心に制作する城田の姿勢が特異性をもって浮かび上がります。アーティスト・城田圭介という他者の眼差しを共有することで、見ること、感ずること、考えることを、鑑賞者一人一人が自らに問いかける機会となるでしょう。

 

 私は見る、私は感ずる、ゆえに、私は気づき、見つめ、考える
―ロラン・バルト『明るい部屋 写真についての覚書』(みすず書房・花輪光訳)

 

※上画像: 《Acropolis of Athens #4》 2017年 油彩・板

 

 

A-SENSE-OF-DISTANCE-#12.jpg Background-#22.jpg


 左から、《A SENSE OF DISTANCE #12》 2003年 パネルに写真、アクリル     《Background #22》 2013年 写真に油彩

 

 

会 期 2019年12月14日(土) ~2020年2月11日(火・祝)
休館日 月曜日(ただし1月13日は開館)、12月28日(土)~1月3日(金)、1月14日(火)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで
観覧料 一般:500円(400円) 大学生:300円(200円)
※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
※(  )内は20名以上の団体料金
会 場 茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
主 催 公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団

 

 

ページ上部へ

関連イベント

申込制のイベントは、12月14日(土) 10時より、美術館受付または電話にてお申し込みください(開館時間内)

 

■アーティストトーク

城田圭介氏が自身の作品を解説します。

日時  ①2019年12月14日(土)16:00~(約45分)
    ②2020年2月2日(日)14︓00~(約45分)
    ※①は手話通訳付き
出演  城田圭介(アーティスト)
会場  美術館 展示室
料金  無料(要観覧券/申込不要)

 

■視覚身体表現で巡る鑑賞会

きこえないパフォーマーとともに作品を巡る鑑賞ツアー。

日時  2020年1月5日(日)14:00~(約40分)
出演  南雲麻衣(アーティスト)
料金  無料(要観覧券/申込制
定員  先着15名

 

■ギャラリートーク

展覧会担当学芸員、当館館長が会場を巡り、展示作品を解説します。

日時  ①2019年12月27日(金)
    ②2020年1月13日(月・祝)
    ③2020年1月26日(日) 各日14:00~(約45分)
担当  ①③藤川悠(当館学芸員)、②小川稔(当館館長)
料金  無料(要観覧券/申込不要)
※①③は視覚に障害のある方もご相談ください

 

 

城田圭介 Shirota Keisuke

1975年神奈川県生まれ、茅ヶ崎市在住。2001年東京藝術大学美術学部卒業、2003年東京藝術大学大学院修了
主な個展:2004年「A SENSE OF DISTANCE」ベイスギャラリー(東京)、2006年「オーバーラップ」ギャラリー・サン・コンテンポラリー(ソウル)、2008年ギャラリー・ステファン・ルプケ(ケルン)、ギャラリー・アーネス+ルプケ(マドリード)、2009年ベイスギャラリー(東京)、2010年ギャラリー・ステファン・ルプケ(ケルン)、2013年「Tracing / Background」ベイスギャラリー(東京)
グループ展:2004年「シェル美術賞展」代官山ヒルサイドテラス(東京)、2005年「VOCA 2005」上野の森美術館(東京)、2007年「Young Japanese Landscape」ヤングアートミュージアム(ウィーン)、2008年「写真ゲーム」川崎市市民ミュージアム(川崎)、2012年「フォトリファレンス・写真と日本現代美術」ベオグラード文化センター(ベオグラード)


城田圭介HP http://www.keisukeshirota.com/public.html/

 

ページ上部へ

展覧会HOME