茅ヶ崎市美術館スタッフブログ

美術館の日々のできごとをつづります。

酒を嗜まず、抹茶好きだった棟方志功のお茶の楽しみ方は、河井寛次郎流の気取らない、飾らない、日常の中で楽しむスタイルでした。

これは「民藝運動」の指導者であり陶芸家、そして棟方の師匠の一人である河井の郷里・島根県安来地方の楽しみ方のようですが、そのようなラフなスタイルを好んだ棟方にならって今回は椅子に座って、棟方のいろいろなお話を聞きながらお茶を楽しむ「棟方志功流 お茶の楽しみ」を9月20日(日)におこないました。

続きを読む